「杏おこわ」について

2014年、4軒で発足した『杏おこわを松代名物に育てる会』は、2019年「一応の役割を果たした」として、会の名称を「松代名物 杏おこわの会」として再スタート。同年4月に発足した「信州松代観光協会」に、協力店を加え7店舗で加入しております。
コロナ禍の中、地域の皆様方のお役立ちにと「杏おこわ」以外にも工夫を凝らした良品をご用意いたしました。
お近くのお店を再認識いただき、更なるご利用をお願い申し上げます。
松代名物杏おこわの会 会長 小山都代


坐雲堂(いまうんどう)の名前は五十里(いかり)うどん麺味座(めんみくら)製造のおこわを、ブランド化したものです。
協力店での取り扱い利便と、観光協会を通じて他方へのアピールを図ることを目的として、うどん店の作ったおこわであることがわかる様、遊び心を込めて命名しました(逆さから読むと?)。
現在「現金屋本店・総菜コーナー」でオリジナルパックの常時販売をしています。
他、販売実績として、上信越自動車道松代パーキングエリア上り線(週末のみ)、東京の銀座NAGANO(6月~9月)各種イベントなどで、徐々に知名度、人気が上がってきています。
そのまま電子レンジで調理できる「特注チルドパック」です。地方発送も賜っております。
詳しくはホームページをご覧ください。

●「杏おこわ」は、下記のお店でお召し上がりいただけます。

コロナ禍の中で会食がしにくい時期のため、事前にお問い合わせの上、ご利用くださいますようお願いいたします。


レストランはなや  TEL 026-278-8743

寺町商家金箱邸   TEL 026-214-5013

五十里うどん麺味座《坐雲堂の杏おこわ》製造元  TEL 026-278-0141


●坐雲堂の杏おこわ取り扱い協力店

かごcafe  コノハナサクヤ  TEL 026-I2U-7467

9種の前菜の一部に杏おこわを使用しています

ニュー街道一  026-278-2721

日暮し庵  026-278-3356

宴会料理の一部に杏おこわを取り入れています。

コロナ禍で宴会自粛中です。

事前にお問い合わせください。


杏おこわの会ホームページ

https://anzuokowa.net